白瀧 生もと造り◇秋の発売

投稿日:

◆◆◆ 白瀧《生もと造り》純米 秋の発売 ◆◆◆

◆白瀧《生もと造り》純米酒720ml 1,100円(税込1,210円)
◆     〃       1.8L 2,200円(税込2,420円)

毎年好評です!
白瀧酒造より特別なお酒が入荷いたしました。


「生もと造り」とは、山廃仕込みよりも更に昔ながらの手間暇かかる造りで新潟県では造っている蔵元はほとんどありません。白瀧の「生もと造り」は飲み口良く、心地よい旨みの広がるお酒でしたが今回はどうでしょう?◇下記は以前の「生もと造り」のコメントです。

◇春の「生もと造り」は・・・
 軽さは宣機杜氏の造りになってから変わりません。なめらかでコクがあり・・今年は酸を強く感じます。2年前の造りに近いでしょうか?キレイで滑らかな飲み口は純米酒にありがちな引っ掛かりがありません。
 もう少しコクが欲しいと感じますが、冷暗所の常温で熟成できるお酒なので、お買い上げ頂いてから熟成して頂ければコクが増すと思います。明らかにお燗で美味しいお酒だと思いますが、2年前の経験だと冷やもイケるのではないかと思います。

☆冷やを試してみたら良いです!旨味のあるお酒は室温程度が一番美味しいことが多いのですが、ぜひ冷やもお試しください。今のところ 冷や = お燗 > 室温 でしょうか。開封して空気に触れたことによる変化もあると思いますが、開封直後よりも濃厚で旨味を十分に楽しめます。お勧め!

◆秋の「生もと造り」は・・・
 春よりも明らかにコクが増し、滑らかでありながら強さを感じる旨味となりました。酸が舌に残す余韻がじんわり心地良いですね。山廃の様な尖がった酸ではなく、乳酸系でやわらかでありながら強さがあります。これだけ酸があればまだまだ熟成が楽しめそうです。
 冷でも良いと思いますが、涼しくなってまいりましたのでぜひぬる燗もお試しください。

開封して時間を置くと酸と旨味が増しますので「生もと」らしさが欲しい方は時間を置いてからお飲みいただけたらと思います。

魚沼では唯一の「生もと」!
是非お確かめください。

〒949-6408 新潟県南魚沼市塩沢521
雪国酒舗 金沢屋 店主 高野匡介
Tel025-782-1135 Fax025-782-1137
メール shop@kanazawaya.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中