鑑評会酒仕様◇特別限定酒

投稿日:

< 鑑評会出品仕様の特別限定酒 入荷 >

< 鑑評会出品酒に最も近い 「 杜氏の囲い酒 」 >

◇高千代《鑑評会酒・袋しぼり》山田錦38大吟醸
◇高千代《鑑評会酒・袋しぼり》一本〆40純米大吟醸

どちらのお酒も 極限定店・新潟県限定発売品 ◇限定数◇

一般に鑑評会酒として発売されるお酒は、鑑評会出品用のお酒を取った後の同じタンクのお酒を機械でしぼった品です。こちらのお酒は杜氏自らが手作業で「袋しぼり」を行い出品用に取り置いた本物の鑑評会酒の一部。出品酒に最も近い特別なお酒です。

「一本〆」の「女性的なやさしさ」に対し「山田錦」は「男性的な強さ」がある印象です。

大体は山田錦が出品されますが、一本〆は杜氏の田んぼで自家栽培した酒米で造った高千代酒造こだわりの品。本来は一本〆を出品酒としたいのが杜氏の気持ちです。

◇「袋しぼり」とは
  日本酒の原液(もろみ)を布の袋に詰め、箱状の槽(ふね)の中に袋を積み重ねてしぼる伝統的なしぼり方で、現在も多くの蔵で行われています。
  機械で圧を掛けてしぼるのでは無く自然な重力のみでしぼるので、余計な雑味が出ずキレイな味わいに仕上がります。手間がかかるため超高級酒にのみ用いられます。

〒949-6408 新潟県南魚沼市塩沢521
雪国酒舗 金沢屋 店主 高野匡介
Tel025-782-1135 Fax025-782-1137
メール shop@kanazawaya.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中